MENU

軽減税率のメリット、デメリット

商品を購入する時は消費税がかかってしまいますが、消費税が上がってしまった時に買い物をすると消費者に大きな負担がかかってしまいます。そのため条件に応じて通常の税率よりも低くして消費者の負担を軽減する税率の事を軽減税率と言います。軽減税率は消費税が上がった時に日常生活の中で欠かせないものに適用されると言われています。

 

軽減税率が導入されると税率が軽減されるので消費者の負担が減るというのがメリットとして挙げられます。消費税の影響は一回の買い物だけだとそれほど影響は受けませんが、複数の買い物をしたりすると影響を受けてしまいます。そのため税率が軽減されると節約が出来るので生活にもゆとりが出てきます。

 

軽減税率にはメリットがあると同時にデメリットもあります。軽減税率は日常生活の中で欠かせないものに適用されると言われていますが、どの品目に適用されるかというのが曖昧になっています。食事面だと食料を買う場合は軽減税率が適用されて外食の場合は適用されないという形を取る意向になっていますが、ファーストフードや牛丼店だと店内でも食べられるしテイクアウトも出来ます。そのため軽減税率が適用される線引きが難しいというのがデメリットとして挙げられます。

 

軽減税率の対象品目

 

 

関連ページ

悪魔の手引書
悪魔の手引書